ロゴ
謄写技術資料館
展示品紹介 道具類
 
展示品紹介 印刷物類類
 
和紙完成までの道のり

1 原料になる樹の落葉後12月初旬〜1月中旬に刈取りをします。
 
こうぞ(高級な障子紙に使われる)→
みつまた(お札などに使われる)→

がんぴ(蒸した後皮を剥ぎ和紙の原料にする白皮が完成)→

2 その後、皮を剥ぎ易くするために樹を蒸します。
3

蒸した後、表面の皮を剥ぎます。

4

さらに外皮(黒皮)を削ぎ乾燥させやっと白皮となります。

5 川の浅瀬に原料を置き不純物を除いて柔らかくするために、2日間(冬・3日間)浸します。(かわざらし)
6 原料を大きな釜に入れ煮熟剤(しゃじゅくざい)を加えて、繊維だけを取り出します。
7 また、流水に浸して灰汁(あく)抜きと、自然漂白をします。
8

皮に残っているごみを手で取り除きます。(ちりとり)

ザルに原料を置きゴミを取る。→

9

石の盤の上で、 繊維を木槌で叩き、細かくほぐします。

10 紙をたてる=紙を漉くまでの作業。
「一たて」で25枚ほどの紙を漉き、1日に8 回ほど行います。漉船(すきぶね)の中に原料、黄蜀葵(とろろあおい)、水を入れて漉く準備をします。
紙を漉く=簀(す)桁(けた)を使い先程漉船(すきぶね)の中入れた紙料をすくい 「流し漉き」という製法で紙を漉きます。
 


まず、紙の表面を作り→ゴミを念入りに取除く→紙の厚みを作る。簀桁を縦、横と揺らす。→紙の裏を作るため、紙料を浅くくみ、一回で完全に捨てます。

簀桁(すけた)で原料をすくいあげる。→

11

漉き上げた湿紙を紙床板(しきづめ)に順番に積み重ねます。この積み重み上げたものを「紙床」(しと)と言います。

12

紙床(しと)の圧搾(おしば)といい、紙の上から圧力をかけて水を絞りだします。圧搾後は、水分は60%〜65%となります。

13

特製の刷毛を使って、しわにならないように一枚ずつ板にはり、太陽の光で乾燥させ ます。

14

乾かした紙を光に透かして見て、厚さや色の違いで選別します。

15

用途に合ったサイズに包丁で切ります。
百枚を三つ折り、五百枚で包みます。千枚を一丸と言います。